2016.07.07 | UX

この記事を読もうとしたあなた。もしかすると、手元にコーヒーがあると思います。
なぜならば、日本人は一週間で平均で約11杯ものコーヒーを飲んでいるというデータがあり、日本人はコーヒー好きな国民だと言えるからです。
私自身も、気付いたらコーヒーを片手に過ごす毎日となっています。
コーヒーを飲むシーンは実に様々。仕事をしながらオフィスで飲んだり、談笑しながらカフェで飲んだり、眠気覚ましに車内で飲んだりと。私たちはそのシーンに合わせて、喫茶店・カフェ・コンビニというような、コーヒーを提供してる”場”を使い分け、ホッと一息ついています。

Read more
2016.06.09 | UX
ルグランでは、マーケティングやテクノロジーに関する最新情報を収集するため、国内外問わず、様々なカンファレンスに参加しています。

今回、広告やマーケティング関連のイベントで世界最大と言われる「Advertising Week 」(以後Ad week)が、アジアとして初めて東京で開催、それを聞きつけたルグラン若手社員が、イベントの様子をレポートします。

(さらに…)

Read more
2016.04.28 | UX
UXランキング(航空会社編)に引き続き、今回は、同時に実施したメガネ会社のUXランキングについても解説していきます。航空会社同様、サイトの使い勝手を判断する上で5つの評価基準を設け、メガネ業界各社のサイトにおけるUXを評価・ランキングしました。

昨年時点でのランキングとはなりますが、上位の企業と下位になってしまった企業のUX/UIを比較してみましょう

<UXランキング評価基準と配点について>


まず上位となった「JINS」のサイトから見ていきましょう。


サイトカラーである赤を中心に統一感を持たせながら、トップページには商品を目立たせるレイアウト。非常にクリーンな印象を与えるサイトデザインです。

また、ヘッダーとフッターに『送料無料・返品OK』とあることで、ユーザーにオンラインショッピングを安心して楽しんでもらおうとする工夫が見られます。

加えて、オンライン購入ガイドのページでは、アイコンや動画を使用し、丁寧にわかりやすく説明しています。”メガネをオンラインショップで買う”という、ひと昔前では考えられなかった行動に対する不安を、どうにかして取り除こうとする企業努力が随所に見られるのも、ランキング上位となった一因です。

欠点としてはショッピングカート内の文字が小さく見づらいこと。内容に関しては丁寧に説明されているのですが、「読もう」とする気が起きないテキストレイアウトとなっています。トップメニューはわかりやすいため、Look&feelで合わせることで、ますますのUX改善につながるでしょう。

次にランキングで下位となってしまった「パリミキ・メガネ」についてです。


まず、オンラインでの購入ができないので、ウェブサイト内で商品選択から購入までの動作を完結できないもどかしさがあります。メガネの試着予約サービスを設けていることから、店舗購入が前提にあるようです。

UI的な観点から見ると、トップページにあるサイドメニューの情報量、さらにバナーの文字数も多く、サイトのフォーカスポイントが見当たりません。

また、トップページには店舗検索などのサイドメニューが左側にあるのですが、なぜか他のページに行くとサイドメニューが右側に移動してしまいます。ナビゲーションに一貫性がなく、ユーザーが混乱してしまう恐れがあります。

<トップページ> 

<他ページ>

「パリミキ・メガネ」ではメガネの他、コンタクトレンズ、補聴器やコスメなど多くの商品やサービスを取り扱っています。そのため、必然的に各ページの階層が深くなってしまいます。そこで、表示しているページまでの経路情報をフッターの上部に設置する、ブレッドクラムナビゲーションのような、ユーザーを迷子にしない工夫が必要です。

ところで、同社「酸素メガネ」という商品について、特設サイトを開設して商品情報などを提供しています。


独自の技術により、フレームの周辺に酸素や水蒸気を集めることで、目の潤いを保てるという商品なのですが、サイトにエンベッドされたYouTube動画をみても、何一つ、この技術の仕組みや効果は理解・実感することはできません。

また、この特設サイトでは、3Dグラフィックで表示されたメガネをクリック&ドラッグすると、360℃で商品を俯瞰して見られるようにしていますが、利用者の視点に立って考えると、サイトの読み込み速度を犠牲にしてまで、訴求すべきポイントは、そこ(デザイン)ではないことは明らかです。

また、特設サイトの画面上に散らばったメニューは直感的に使うことができず、ユーザビリティとしてもかなり残念な仕上がりとなっています。「購入」を押すと、楽天の商品ページに誘導されますが、果たして、この程度の情報で購入を決断する人がどのくらいいるのでしょうか。


ドイツのインダストリアルデザイナーであるディーター・ラムスが提唱している『良いデザインの十ヶ条』の中の一つに、「良いデザインは可能な限りデザインをしない』という言葉があります。

この二社のサイトは、掲載されている情報量としては大して変わりはありません。ですが、二社のサイトを比較してみると、利用者の視点に立って、情報を、どう分かりやすく整理・デザインして見せるかによって、サイトに訪れた人の印象やエクスペリエンスが大きく変わってしまう、ということがよく分かると思います。

Read more
2016.04.22 | UX
弊社は今年1月に青山オフィスから渋谷オフィスへと移転しました。今回、新オフィスのお披露目としてランチセミナーパーティーを開催。また、CNET編集長 別井氏をお迎えし、アメリカのUX最新情報についてお話ししていただきました。


最初に新オフィスについてご紹介します。 
ルグランではデザインだけでなく、訪れる人のUXをより良いものにすることを念頭に、デザイナーと内装を設計。そして、『フレキシブルでユニークなクリエイティブエージェンシー』をテーマに、デザイナーとディスカッションを重ねながら、ようやくオフィスローンチを果たすことができたのです。 


例えばミーティングルームにあるデスク。見た目はごく普通のデスクですが、なんとリバーシブル。裏返すとホワイトボードのように字を書けて消せるデスクとなり、社内ミーティング・クライアントへの説明・急なメモなどにも役立ちます。子どもが大はしゃぎしそうなこの仕掛けは、UX的な観点から「こんなデスクが欲しい!」とデザイナーにお伝えしたところ、見事実現してくれました。 


さて、お客様にウェルカムドリンクが渡ったところで、別井氏によるセミナーがスタート。先月、アメリカで開催された「Adobe summit 2016」で入手された海外の最新UX情報をわかりやすく解説して下さいました。今年のキーテーマであるエクスペリエンスビジネスの重要性と、これからのマーケティングのあり方についてのお話は、マーケターとして大変参考となりました。 

次に弊社代表の泉とルグランLAデザインセンターの堀池による海外の宅配ディナーサービスをご紹介。この宅配サービス、以前はメニューが豊富で、その分ウェブサイトは多すぎると思われる程の情報を表示していました。しかし現在ではメニューを厳選し、情報を整理することで、使い勝手の良いサイトへと改善されています。同じウェブサイトを過去と現在で比較し、デザイナー視点でUX/UIを解説させていただきました。 

セミナー、ランチ、ネットワーキングと、盛りだくさんの内容で行われたランチセミナー。今後も皆さんにお気軽にお立ち寄りいただけ、様々な情報交換ができる、心地よいUXを提供できる場所にしていきたいと思っています。今後とも宜しくお願いいたします。 



Read more
2016.03.03 | クリエイティブ
先週に引き続き、2016年2月16日(火)から17日(水)に東京ビックサイトで開催されたマーケティング・テクノロジーイベント「tfm (technology for marketing)」で興味深かったセッションについてレポートします。


「全てのインダストリーはサービス業へ」、そう語っていたのは株式会社電通エグゼクティブコンサルティングディレクター 朝岡崇史氏。「エクスペリエンスデジタルの未来予想図」をセッションテーマに、IoT(Internet of Things)を中心にこれから起こりうる社会の変革について講演。IoTは「モノのインターネット」といわれ、あらゆるモノはインターネット(デジタル) とつながることを指します。例えば手紙がEメールとなり、買い物はECサイト、井戸端会議はSNSへと変化。朝岡氏曰く、あらゆる産業はデジタルとつながり、アクセス解析などによってモノに付加価値を与えられるようになるとのこと。将来、人々の生活を一変させるプロダクトが次々と流通すると予測されていました。


さらに米GE社を事例に、IoTの時代を生き抜くための大企業の具体的なアクションを紹介。昨年10月にCEOジェフリー・イメルト氏は時代の変化について「工業会社として眠りにつき翌朝起きると、ソフトウェア解析の会社になっているかもしれない」と表現。創業100年を超える様々な産業機器を製造する企業でありながら、長年蓄えたビッグデータを解析し、あらゆる分野で最適化した価値を提供。GE社が製造する航空エンジンはリアルタイムで状況がモニタリングでき、管制室とのオペレーションやトラブルの早期発見に役立っていると説明。GEのような大企業でさえも、来るIoT時代を生きるために舵を切ったそうです。

これからは企業規模を問わず、誰もが破壊者 (destroyer) にならなければならないと締めくくられた朝岡氏のセッション。IoT時代にマーケターとして生き抜くためには、思考の枠を超えたモノの見方が大切であると感じました。


Read more