2015.06.17 | ビッグデータ
蒸し暑さが増してきている6/17(水)の早朝、第41回ルグラン朝会を開催しました。

今回のルグラン朝会は、4月末から取り組んでいたAKB48選抜総選挙の総括をテーマに、データをご提供頂いたホットリンク社の浅野氏を交えた座談会形式で進められました。AKB48選抜総選挙の話題とあって、初めてご参加される方も多く、いつもとは違う視点でのご意見も頂くことができました。

まずは弊社代表の泉から、私たちがAKB48選抜総選挙の予測に取り組むことになった経緯や今までの振り返り、また、AKB48だけでなく、その他のデータドリブンマーケティングの事例をご紹介。今回の参加者は男性が多かったこともあり、日本とアメリカにおける「禁煙」というワードの検索動向の違いに関する話に、参加者の方々は興味を持たれているようでした。


続いて、2014年・2015年のAKB48選抜総選挙予測のデータ分析を担当した弊社アナリストの岡田より、今回の予測モデルの詳細についてご紹介させていただきました。昨年からSKE48やHKT48などの地方グループが上位にランクインする傾向が見られてきたため、今年は「支店グループ調整率」を独自で考案したという点が、今年も上位順位を的中させた要因であるとお話しさせていただきました。

そして、泉・岡田と、ホットリンク社の浅野氏を交えた座談会では、実際にクチコミデータを抽出した浅野氏が、今年のデータ傾向を見て気づいたことをお話いただき、予測分析をする際に他者の予測や予想を見るか否かとの質問では、他の予測と違った予測が出たときに不安になるので、結果が出るまでは見ない!といった岡田の意見に会場は盛り上がりました。

その後、ホットリンク社が開発中の新しいサービスや、中国やアジア圏のクチコミ分析についてもお伺いでき、インバウンドに興味のある参加者の方々と活発なディスカッションが行われました。

AKB48の話題だけでなく、最近のクチコミ傾向やデータドリブンマーケティングについて、参加者の方々から興味深い質問もあり、充実した朝のひと時となりました。

昨今、ビッグデータの活用が注目されている中、弊社でもショーケースとしてAKB48選抜総選挙の予測分析を行いましたが、今後は弊社の専門であるマーケティングにおいて、ビッグデータを用いたブランディング戦略の立案やCRMデータの活用を行っていきますので、ご興味のある方はぜひご相談ください。

【お問い合わせ・連絡先】
info@legrand.jp






Read more