BRAND MARKETING

ブランドマーケティングサービスや商品を知ってもらう。全てはそこから始まる。

知らないものは 探されない

デザインが自慢の新しいブランド、業界の常識を変えるような最新のテクノロジー、誰も考えつかなった新しいサービス。 人々の生活を劇的に変える可能性のある製品やサービスであっても、その名前や存在が知られていなければ、探されることはありません。そして、探されない商品やサービスが、利用や購入の検討対象になることもありません。 また、商品やサービスの特長や差別化ポイントが正しく伝わっていなければ、人々に選んでもらえることも難しいでしょう。

そんなこと当たり前だ、と思われるかもしれませんが、実際には「新製品の販売を始めるので、発売初日から、リスティング広告でガンガン売りたいのだが…」といったご依頼・ご相談を頂くケースは、少なくありません。

特に、これまで、ネットを中心に商品やサービスを販売してきた企業ほど、需要を「刈り取る」ことには熱心な反面、需要を「創り出す」ということには関心が薄い、という傾向が見られますが、みなさんの会社は大丈夫でしょうか?

私たちは、こうしたご相談を頂くたびに、新製品の存在や特長を知らしめるためのマーケティング活動を実施しなければ、リスティング広告だけを実施しても、得られる成果は極めて小さいということをハッキリと申し上げています。

その上で、どうすれば、より多くの人々に、商品やサービスのことを広く理解してもらえるのかを一緒に考えていきます。

DSP/RTB広告と呼ばれるような配信ターゲットを設定できる最新のディスプレイ広告も、使い方によっては、有用な選択肢の一つになりますが、ルグランでは、「ネット」や「広告」に限定して戦略を考えている訳ではありません。

考えてみて下さい。

自分が生活していくために必要な情報を、『ネット広告』だけに頼って収集・確認する、などという人はいませんよね?

ルグランでは、検索やソーシャルメディア、モバイルアプリはもちろんですが、時にはテレビ・新聞・雑誌や交通広告からダイレクトメールまで、メディアニュートラルな視点で、認知の拡大や需要の創造に必要な施策や戦略をご提案します。

ファッションテックサービス「TNQL」についてー

この仕組みは、これから様々な業界で活用していけると思います。ユーザーを増やしてもっと広めることで、気象情報で世の中がここまで変わるということを示していきたいですね。

株式会社ハレックス 代表取締役社長 越智正昭氏 READ MORE STORY