CREATIVE DESIGN

クリエイティブデザイン  価値あるクリエイティブをサイエンスとアートの融合で創り出す。

デザインは、もはや デザイナーだけのものではない。

スマートフォンやタブレットなどモバイル端末の普及、ネット接続環境の進化、ソーシャルメディアの浸透など、私たちを取り巻くデジタル環境は、もの凄いスピードで変化を続けています。そして、人々は、意識することなく、こうした変化に適応し、情報の集め方やコミュニケーションのスタイルを、日々、進化させています。

にもかかわらず、いまだに多くのウェブサイトは、「デジタル版のカタログ」という姿のまま、ネット空間に置き去りにされています。

たとえば、スマートフォン用のウェブサイトを、どうデザイン・設計するかという課題について、多くの企業やウェブ制作会社は、PC用にデザインされたサイトを、スマートフォンでも問題なく表示させるにはどうするか、という視点で考えます。

しかし、ルグランのアプローチは違います。

私たちは、PCやスマートフォンからウェブサイトにやってくる人々は、それぞれ、どういうシチュエーションで、何のために、どのようなコンテンツや情報を探しにやって来るのか、を科学的に理解することから始めます。

このため、ウェブ解析データや顧客・売上データの徹底した検証や、市場調査やクライアントとのディスカッションなどを通じ、まずは「顧客を理解すること」から始める。それがルグランの流儀です。

一方で、データや分析から得られた「発見」も、アクションに落とし込めなければ宝の持ち腐れです。

ルグランでは、米国ロサンゼルスに『LAデザインセンター』を構え、海外の先進的な事例や最新のテクノロジーに関する豊富な知識・経験をもとに、科学的なアプローチで得られた知見を、デザインや企画という目に見える形に創り上げていく体制を整えています。

『LAデザインセンター』は、サイエンスとアートの融合、つまり、データや分析から得られた「発見」に、「創造力」というスパイスを加えることで、クライアントの課題の解決につながる、最高のクリエイティブを提供するという役割を担っています。

このアプローチは、ウェブサイトのみならず、バナーなどの広告素材やアプリなどの制作や開発にもすべてに共通するものです。

サイエンスはアートと融合してこそ価値を生む。

私たちはそう考えて、日々、クライアントと共に、様々な課題に向き合っています。