一般社団法人吉野ビジターズビューロー

DUX × MARKETING AUTOMATION

歴史深く、自然豊かな奈良県吉野町の観光復興に取り組む吉野ビジターズビューロー。吉野町の魅力を1人でも多くの人に伝えるための仕組み創りを提案。

SOLUTION

世界遺産吉野の魅力を余すこと無く伝えたい

季節によって訪問者数に大きなばらつき出る観光地。スキー場や海などは季節の影響を受ける観光地の代表例です。奈良県吉野も例外ではなく、日本一の桜の名所として春は多くの観光客で賑わいますが、それ以外の季節は訪れる人が少なく、一年を通して吉野に訪れる人を増やし、その魅力を伝えることが長い間の課題でした。吉野山はアジサイ、紅葉、雪景色など四季折々を楽しめ、世界遺産に登録されている数々の神社仏閣、文学の史跡など歴史的な場所が数多くあるにも関わらず、春以外に訪れる観光客は少数。また、京都をはじめ、他の観光地と比較して、吉野に関する情報は圧倒的に少ないという状況です。そこで、ルグランでは吉野情報を世界に向けて発信し、吉野の魅力を充分に伝える仕組創りを提案、観光サイト「よしのーと」を企画・構築しました。

ユーザーの興味関心を理解する

観光情報サイトを作るなら、海外の旅行者にもアピールできるよう、日本語だけでなく、英語や中国語、フランス語など、様々な言語で観光地のアピールしたいですよね。でも、アメリカから来る旅行者と、フランスから来る旅行者では、興味や関心が随分違いそうな気がしませんか?このプロジェクトがスタートする前に、ルグランでは海外からの観光客の興味・関心を徹底的に調査、その結果、ヨーロッパからの旅行者は、自然を楽しみながら山道を歩くこと、アジアからの旅行者はグルメ情報に興味がある等、国によって旅行の目的が異なることが分かりました。また、調査データをもとに現地でヒアリングを行い、海外・日本の旅行者へ発信する情報を、ユーザー視点に徹底的にこだわり決定していきました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

SOLUTION

世界のユーザーに最高のおもてなしを

ウェブサイトを訪れる一人ひとりのプロフィールや興味・感心に合わせて、最適な情報やコンテンツを見せる方法として、注目されているのがマーケティングオートメーション。一方で、マーケティングオートメーションを導入するには、さまざまな壁を乗り越えなければならず、進まないケースが多いようです。そこで、ルグランではデジタルマーケティングやシステム開発に知識や人材が充分でない会社や組織でも、簡単にマーケティングオートメーションが実現できる独自のツール『ルグラン スマートUX』を開発。Google Analyticsから自動的にデータを取り込み、来訪者の属性にあわせて人気の高いコンテンツを出し分けることを可能にしました。「よしのーと」に来訪するフランスの旅行者には吉野の自然の魅力を伝えるコンテンツを、台湾からの旅行者にはグルメ情報をページのトップに自動的に表示、世界のユーザーに最高のおもてなしを実現します。

“「吉野」という地名を聞いたことがある、知っている、だけでなく、理解して、好きになって欲しい。 「よしのーと!」は、吉野を愛する人々が想いを込めて作り上げたサイトです。”
一般社団法人吉野ビジターズビューロー
植田真央氏