CONTENTS MARKETING

コンテンツマーケティング 人に役に立つコンンテンツを創る。創り続ける。

人々の役に立つ、有益な情報でなければ 注目も拡散もされない

近年、コンテンツマーケティングという言葉を耳にする機会が増えていますが、その直接的な理由は、グーグルの検索アルゴリズムが進化していることにあると思われます。

グーグルについては、長い間、外部リンク(被リンク)の数が、検索結果の掲載順位に大きな影響を与えると考えられてきました。このため、掲載順位を引き上げることだけを目的に、大量のリンクを有償で販売するSEO業者も数多く生まれ、大量のリンクを購入したサイトが、検索結果の上位に表示される、といったことも起きるようになりました。

そこで、グーグルでは数年前から、「パンダ」「ペンギン」といったコードネームで知られる検索アルゴリズムの改変を行い、外部リンクよりも、「コンテンツ」に評価の軸足を移し始めたことで、今度は、SEO対策としてのコンテンツマーケティングの重要性が喧伝されるようになりました。

しかし、ルグランが考えるコンテンツマーケティングとは、単なるSEO対策のために、コンテンツを粗製濫造するといったものではありません。 コンテンツマーケティングにおいて、本当に大切なことは、みなさんの商品やサービスに興味を持つ可能性のある人たち、つまりターゲットとなる人たちにとって、役に立つ情報を提供することです。 特に、情報の流通量が爆発的に増えている今日、広告メッセージだけで、人々の心をつかむことは困難になっています。「時間をかけて読むだけの意味や価値がある」と思われるような情報でなければ、忙しい人たちの興味や関心を集めることは難しいでしょう。

実際、グーグルも、他のサイトに掲載された情報を寄せ集めただけのオリジナリティの低いコンテンツや、機械的に生成された内容の薄いコンテンツについては、評価を下げるようなアルゴリズムを導入しており、有益でオリジナリティのあるコンテンツを創ることは、結果的には、検索エンジンからの評価も高めることにつながるのです。 

また、ソーシャルメディアの台頭により、クチコミを通じた拡散効果にも注目が集まっています。しかし、いくら「拡散希望」と書いたところで、拡散する価値の無い情報が広まることはありません。ネット空間でもリアル世界でも、「自分の知人や友人にも教えてあげたい」と感じた情報だけが、クチコミを通じて拡散していくのです。 

正しいコンテンツマーケティング戦略を実践することは、自社サイトなどの「オウンドメディア」だけでなく、ソーシャルメディアなどの「アーンドメディア」の効果的な活用にも直結する のです。

ルグランでは、ターゲットとなる人たちに「役に立つ」「誰かに教えたい」と感じてもらえるのはどのようなコンテンツなのかを、ウェブ解析やクチコミデータの分析などから科学的に解明し、更には、そうしたコンテンツの制作〜公開までのプロセスもサポートしています。  

ものづくりTIMESは、第一線のエンジニアの人たちに読まれています。多くの人が知りたいのはテクノロジーの潮流。それをどんどん発信していきたいですね。

SCSK株式会社 南 裕子氏 オートデスク株式会社 早田 豊彦氏 READ MORE STORY