2019.09.11 | イベント

2019年9月2日に東京・渋谷にて気象データのビジネス活用への推進を目的として開催された第2回Weather Driven Marketing Summit(WDMS)の開催報告を2週に続けて実施してきましたが、最後となる今回は弊社代表の株式会社ルグランの講演の様子についてお届けしたいと思います。

開催報告Vol.1はこちら

開催報告Vol.2はこちら

 

【株式会社ルグラン】

Weather Driven Marketing Summitを主催するルグランは、TNQL(テンキュール)という気象データを活用したサービスを開発・提供しています。

TNQLは2017年5月に提供開始したサービスですが、同時期に”気象データ”への注目度もとても高まり、今回のWeather Driven Marketing Summitの後援にも付いていただいている気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)を気象庁が立ち上げるなど、ビジネスシーンにおいても、気象データの活用が注目されています。

そこで、気象データを活用したサービス開発と弊社の元々のビジネスであるデータドリブンマーケティング・デジタルマーケティングの知見を組み合わせることで、気象データを活用したデジタルマーケティングとして、様々な企業と取り組んできたため、今回は実際にTNQLを活用した天候ドリブンマーケティングの事例を中心にご紹介しました。

今回ご登壇もしていただいた三越伊勢丹さまと春秋航空日本さまの事例はそれぞれの開催報告でお伝えしているので割愛しますが、その他にも現在取り組んでいる事例を一部ご紹介します。

例えば、これまでも“需要予測”はビジネスシーンではとても大きな課題です。

需要予測は、過去の売上実績や来店客数をもとに予測することも多かった中で、そこにさらに気象データというスパイスを加え、予測することで、これまでとは違った視点での来店需要予測が可能になります。

また、ただ晴れ・曇り・雨や◯度などの点で捉えず、前日・前週との気温差や天気変動などを加味することで、数日ぶりに晴れた時の来店数の変化やこの時期にこの気温帯になるとこの商品が売れる、などといった細かいシーンに対応した需要予測をしていくことが可能になります。

また、天候ドリブンマーケティングの実践方法の一つとして、「LINE」を活用したコミュニケーションなどがあり、今や多くの人が活用するチャットアプリLINE上で、天候ドリブンマーケティングを実現するサービスなどのご紹介もさせていただきました。

まだまだ気象データのビジネス活用は始まったばかりです。上記以外にも気象データの活用はたくさん考えられ、新たなビジネス・サービスの可能性を秘めています。

3週にわたり、Weather Driven Marketing Summitの開催報告をしてきましたが、いかがでしたか?気象データはあらゆる産業に影響を与え、多くの人々の行動や気持ちにも影響を与えます。それなのにまだまだその活用は進んでいません。

 自社のビジネスやサービスに、気象データを活用できないか?と少しでもご興味がございましたら、ぜひルグランへ一度お問い合わせください!

弊社では、そのようなお悩みに対して、解決策を一緒に考え、実現するお手伝いをしています。



Back to Blog Top