2015.10.29 | モバイル
モバイルコマースの調子は上々で年々売り上げを伸ばしています。小売りだけでなく、サービス、不動産、交通などありとあらゆるビジネスがモバイルコマースで収益を上げています。今頃まだモバイルコマースに適応していない企業はさすがに少なくなって来ていると思いますが、モバイルコマースがあってもトラフィック獲得や コンバージョンに結びつかず、苦戦している場合も多いのではないでしょうか。そこで今急成長のソーシャルモバイルコマースを導入してみましょう。

ソーシャルコマースとはSNSとECサイトを一緒にしたサービスで、気に入った写真をSNSで共有して気に入った商品が見つかったらそのまま購入できるシステムです。Lyst.com, fancy.com, fab.com, opensky.com などが人気ですが、どのサイトもシンプル、クリーンでセンスの良いデザインです。





 そして、特に注目すべきなのが、モバイルからの売り上げです。Facebook によると2015年1月から5月までのモバイルからのソーシャルコマースの売り上げは前期に比べ30%も売り上げが伸びています。ソーシャルからコマースへのトラフィックは前年比に比べて200%も増えていますからこれを利用しない手は無いでしょう。売り上げは10人のうち3人がモバイルから購入しており、24%がスマホで6%がタブレットからです。ソーシャルモバイルコマースの売り上げはこれからますます増加して行くでしょう。

マルチチャネルとオム二チャネル
便利でモビリティ(可動性)が高く、何処でも何時でも、というのがモバイルコマースでの売り上げが爆発的に上がっている大きな理由ですが、オムニチャネルがその便利さの最たる形でしょう。少し前まではテレビ通販、お店、PC, モバイル、などの複数の経路で購入するマルチチャネルでした。そして今は、全部(omni)の経路(channel)でシームレスに買い物できる環境を提供できる企業の業績が急成長しています。たとえば、facebookで友達がおすすめの可愛い服を見つけ、モバイルで購入し、在庫を調べて店舗に取りに行き、ついでに沢山の買いものをしたので即日配達してもらう、みたいな流れです。その可動的な性質からか、Facebook のレポートでは オムニチャネルのユーザーは実に56%がモバイルから購入しています。小売店だけでなく、旅行やホテルなどのサービス業もこれからモバイルからの購入者はもっと増えて行くでしょう。


ソーシャルモバイルコマースを入り口に
そこで急成長をとげるソーシャルモバイルコマースをトラフィックの入り口にし、オムニチャネルに振り分ける流れを作ります。これからの マーケティング費用はソーシャルメディアでの宣伝に多くを費やすことを強くおすすめします。ソーシャルでの宣伝はターゲットを絞りやすくシンプルで効果的だからです。
Facebook, Twitter, LinkedIn , Google+ などから集客し、売り上げに繋がる流れを作りましょう。以下が売り上げアップの戦略の一部です。

1. ソーシャルログイン(うるさくないように工夫が必要)
2. 商品のストーリー紹介(ソーシャルでの商品紹介)
3. ソーシャルでのクーポン、セールのお知らせ
4. 友達と情報シェアしてお買い物
5. リフェラル(紹介)プログラム
6. ロイヤリティプログラム
7. カスタマーQ&Aの充実
8. ビデオを使用したビジュアルコマース
9. email

こちらをみてもキーになるのはソーシャルですね。そしてソーシャル=モバイルであることを常に意識して最適化につとめましょう。


ルグランでは、国内外のクライアントに向けて、モバイルやソーシャルを活用したECサイトのデザインや構築~マーケティング戦略支援など、過去10年にわたり、多数、お手伝いをさせて頂いております。当社の実績や事例などにご興味のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。また、モバイルサイトの構築やリニューアル、ソーシャルメディアの活用などについてのご相談も随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら
電話:0120-066-898
メール:info@LeGrand.jp

Read more
2015.10.29 | 一般
10年目を迎えるルグランに新メンバーが加わりました!
新メンバー村口の自己紹介と共にルグランのワークスタイルをご紹介します。

初めまして、ルグランに入社いたしました村口と申します。
ルグランに入社したいと思った動機は、自分自身が日本の製品、会社など日本には良いものがあるのに殆ど知らなかったことに気づき、国内、海外に広める仕事をしたい、ルグランなら自分の目標が実現できると思ったこと。そしてルグランには、目標にしたい人達がたくさんいたことです。

グローバルな観点を持って活躍している人、お子さんを持ちながらイキイキと仕事をしている人、勉強しながら色々な知識を吸収しようと努力している人。
会社訪問、面接を重ねていくにつれ皆さんと一緒に働きたいと思うようになりました。

実際に働いてみて、ルグランに他社にはない特色があることが分かりました。それは自分のワークバランスに合わせながら就業体制を取れることです。
メールや社内共有ツール、テレビ会議で密にコミュニケーションをとり、在宅勤務をメインとするスタッフや週の半々を出社と在宅を組み合わせた勤務体系を選択する等、自分自身で働く環境を変えていけることです。
まだまだ知らないことがたくさんあるので、仕事を通してルグランの良さを知っていきたいと思います。これから宜しくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ルグランでは私たちと一緒に、日本を、世界を、驚かすようなサービスを創り上げてくれるメンバーを随時募集しています。
意欲と才能に自信のあるみなさん、ぜひ、エントリーをお待ちしています!

●個客を笑顔にするオンラインマーケティングコンサルタント募集!

●本当の「おもてなし」で日本のマーケティングを変えたいエンジニア募集中!

●もてる力を100%発揮し笑顔で成長する。そんなオフィスを創りませんか?

Read more
2015.10.21 | UX
11月10日に開催される第3回『CNET Japan CMO Award』のセッションに、弊社代表 泉が登壇することが決定しました。

セッションのタイトルは

DMPからEMPへ〜データではなくエクスペリエンスを支配せよ

データを使って人々を「ターゲット」して追い回すだけではなく、顧客視点で、最良のカスタマーエクスペリエンスを実現するために活用してこそ、データは本当の意味でマーケティングに活かされるのではないか、といった点について、ディスカッションします。

ビッグデータがマーケティングを変えると言われて久しいですが、日本では「コンバージョン」や「CPA」といった分かりやすい指標でしか「成果」を測ることを知らない、「第一世代」のデジタルマーケターがまだまだ幅をきかせています。このため、高度な解析力が自慢のDSPも、多様なデータを統合的に解析できるプライベートDMPも、彼らの前では、「リターゲティングツール」に成り下がっているというのが実情ではないでしょうか?

ちょっと大げさに言えば、分かりやすく、即効性があるというソリューションにしか興味・関心を示さない、という日本人の悪習が、データドリブンなマーケティングの実践を妨げているのかもしれません。

EMPというのは、”Experience Management Platform”というルグランの造語ですが、ここには、マーケターが、本当にマネジメントすべき対象は「データ」ではなく、「カスタマーエクスペリエンス」なのだ、という私たちの意志や思いが込められています。

当日は、データドリブンマーケティングを現場の第一線で実践する方々をパネリストに招き、どうすればデータドリブンマーケティングが実践できるのか、また、それを阻む要因・原因は何なのかについて、ルグランが取り組む、EMPの実践例などもご紹介しながら、大いに議論をしてみたいと考えています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
CNET Japan Conference 2015
日時:2015年11月10日(火) 13:00開演
場所:東京都千代田区神田美土代町7住友不動産神田ビル2・3F
ベルサール神田[会場について]
セミナーお申込みページ


Read more
2015.10.09 | イベント
今回参加したSpikes Asiaでは、広告やマーケティングコミュニケーションに関する最新トレンドといった話に交じり、「どうすれば人や組織のクリエイティビティを高められるのか?」という視点からの、組織論・人材活用論についてのセッションも、いくつか開催されていました。

今回はその中から、店舗の設計・デザインや、店頭プロモーションの企画などのコンサルテーションを行うFITCH社のメンバーによる「オムニチャネル時代に求められるクリエイティビティ溢れるチームの作り方」というセッションについてご紹介したいと思います。

<FITCH社のウェブサイト>

世界各国で、スマートフォンの普及が急速に進む中、FITCH社のクライアントにおいても、ネットとリアルという垣根を越え、どうすれば、一貫したブランドのイメージやメッセージを伝えられるのか、が大きな課題になっていると言います。

コンサルティングの現場では、店舗のデザイン・施工から、モバイルアプリのプログラミングまで、検討すべき領域・項目も多岐に渡っており、もはや、一人のコンサルタントが全ての課題を解決できる時代ではありません。

そのような中、FITCH社では、多様なスキル・経験を持つメンバーが集まり、お互いに意見を交わす中で、クライアントが求めるソリューションを見つけ出すという「アジャイル」的なアプローチを大切にしています。

登壇したYukiko Kawabata氏も、元々はインテリアデザイナーでしたが、FITCHに入社後は、クライアントと一緒に、店舗における最良の「エクスペリエンス」をデザインすることが主な仕事になっているそうです。

<登壇したYukiko Kawabata氏は元インテリアデザイナー>

その他にも、FITCH社には、元建築家・元グラフィックデザイナーなど、多様な人材が集い、お互いが協力・刺激しあうことで、時代や技術が大きく変化する中でも、チームとして、クリエイティブな発想や提案を出し続けられるような組織運営に力を入れているようです。

ちなみに、このセッションは、展示会場内のオープンな場所で開催されているのですが、「サイレント・ステージ」という名の通り、傍から見ていると、殆ど何の音も聞こえません。

<騒がしい会場でもセッションに集中できるサイレント・ステージ>

これは、登壇者の声をヘッドフォンで聴くというスタイルを取っているためで、参加者は周囲の騒音を気にせず、登壇者の話に集中できますし、一方、登壇者の声が展示会場に響き渡って、他のセッションの邪魔になることもありません。

隣のブースに負けまいと、スピーカーのボリュームを最大にして、登壇者が声を張り上げるため、ますます騒音に拍車がかかる日本のイベント・展示会でも、ぜひ導入して欲しいシステムですね。

Read more
2015.10.01 | クリエイティブ

ルグランでは、POPSクリエイティブ・ディレクター田中淳一さん(元ADKクリエイティブディレクター)と共に、建設業界のイメージアップを目的とするキャンペーンを企画しています。その一環として、9月20日~27日の8日間、清澄白河のギャラリーで土建屋さんをモチーフとしたアート展「LOG OF MUD」を開催、建設業界最大の専門誌「建通新聞」をはじめとして、メディア・建設業に携わる方々など多くの方にご来場いただきました。

Read more