2014.10.09 | 一般
昨日10/8(水)、第35回ルグラン朝会を開催しました。

最近では、弊社の朝会がフェイスブックの「朝活ポータル」に取り上げられることもあり、今回も早々に定員に達し、大学教授、経営者の方をはじめ、半分以上の方が初参加という、フレッシュな顔ぶれとなりました。

前回の朝会では、欧米で進んでいるチャットを活用したカスターマーサービスについて話題になりましたが、そのディスカッションから、新たなビジネスチャンスのヒントを得て、早速アクションを起こしたとの報告もあり、会の主催者として大変うれしく思いました。

また、チャットに関連して話題は言語問題の話へと移り、デジタルマーケティング業界では欧米の最新情報を得るためには英語が必要であることは周知のことではありますが、一方で、Web制作会社の方からは、Webデザイナーも今はデザインセンスだけではなく、ツールや最新の技術を使うためには、海外情報が必須となってきており、英語の重要性を感じているとお話もありました。

バックグラウンドも様々な方々の体験談は大変興味深く、朝の限られた時間では足りないほど。もっと聞きたい、ディスカッションしたい、と名残惜しく思いながら、次回も参加します、とのお声を多くいただき、終了となりました。

Read more

2014.09.11 | イベント
昨日9/10(水)、第34回ルグラン朝会を開催しました。

表参道のカフェに会場を移し気分もリフレッシュした今回。新しい会場では、ルグラン朝会以外にも朝活をされているグループが見られ、隣はどんな集まり?と興味をひかれながら(笑)、ルグラン朝会も総勢10名、旬な話題を取り上げディスカッション。

リピーターと初参加者の方が半々となった今回の朝会は、大手広告代理店、人材派遣、税理士事務所等、バックグラウンドも様々、バラエティ豊かな業界の方が集まり、各話題に対してもその業界ならではの体験談や見解を伺うことができました。

新たなアプリ開発国として注目を集めつつあるスリランカや今年11月にClickZ Live(旧SES)の初開催が予定され、デジタルマーケティングへの注目が集まるタイ等、アジア事情に関するディスカッションをはじめ、欧米では多くの企業が取り入れているチャットでのカスタマーサービスのトピックでは、ビジネスチャンスのヒントを得られた、とおっしゃりながらメモを取られる方もいらしたり、ルグラン朝会のザックバランなディスカッションから、主催者側の我々はもちろん、参加者の皆様も大いに刺激を受け、有意義な朝のひと時となりました。

Read more

2014.08.28 | 一般
みなさんは「ユーザビリティテスト」という言葉を聞いたことがありますか?

ウェブサイトを制作する際には、どのような情報やコンテンツを載せるのか、どういう機能を持たせるのか、どんな感じのデザインやトーンにするのか、といったことに加え、数ある情報やコンテンツをどう整理して見せるのか、等々、多くのことを考えなくてはなりません。

もちろん、商品やサービスを提供する側は、どういう情報やコンテンツを提供すれば、見込客の心を動かし、意思決定につながるのだろうか、ということを真剣に考えながら、みなさん、一生懸命、ウェブサイトを作っています。

ただ、自分たちが提供する商品やサービスについては、「売り手」である自分たち自身が、最大の理解者であるがゆえ、時として、「買い手」の気持ちやニーズに思いが至らず、独りよがりなウェブサイトになってしまっていることも少なくありません。

どんなに精緻なターゲティング広告を実施しても、あるいはどんなに高度な最適化ツールを導入しても、受け皿となるウェブサイトの使い勝手に問題があると、ザルに水を注ぐようなもので、期待するような成果を挙げることはできず、大切な広告費を無駄にしてしまう可能性も高くなります。
そこで、みなさんのウェブサイトを、買い手であるユーザーの目線に立って利用してみることで、購入や申し込み、問い合わせといったアクションを妨げている要因を洗い出したり、こういう情報や機能があれば、アクションが取りやすいといったニーズを探ったりすることで、ウェブサイトの改善点を洗い出す。こうした検証作業のことを、ユーザビリティテストといいます。 ルグランでは、2つのタイプのユーザビリティ診断プログラムをご用意しています。
1つは、「ヒューリスティック調査」と呼ばれる手法で、これは約700項目のチェックポイントにもとづき、海外の最新手法にも精通した弊社ロサンゼルス・デザインセンターのコンサルタントをはじめとする弊社のプロフェッショナルが、独自の知見・経験にもとづきながらも、あくまでもユーザーの目線で、クライアント企業や競合他社のウェブサイトを検証するという手法です。

Read more

2014.08.21 | 一般
8月20日(水)、株式会社ルグラン・サイトコア株式会社共催セミナー「ビックデータ時代のサイトリニューアル成功法~パーソナライズ戦略が拓くコーポレートサイトの未来とは~」を開催しました。

海外で広がりを見せるマーケティングオートメーションの実装にあたり、コアとなる「パーソナライズ戦略」や、それを支えるシナリオ設計に焦点をあて、近い将来、ウェブサイトのリニューアルを検討しているマーケティング/PR/情報システム部門等の担当者の皆さまに向けて、デジタルマーケティングを成功に導くステップをお伝えしました。

■「個客」を惹きつけるWebサイトのあるべき姿とは ~次世代型Webサイトで実現するリアルタイムマーケティング~
サイトコア マーケティング本部長 片桐氏からは、次世代型のWEBサイトとは今と何が違うのか?新しい仕掛けはどのようなテクノロジーで実行できるのか?などパーソナライズ機能を活用したリアルタイムマーケティングの海外事例を交えながらご紹介いただきました。

■デジタルマーケティングのプロが自社サイトのリニューアルプロジェクトを徹底解説
弊社代表 泉から、自社のWEBリニューアルについて、サイトコアのマーケティング機能を活用してどような「パーソナライズ戦略」を考えているのか解説し、ペルソナの設定からシナリオ作成までのプロセスをご紹介しました。


■パネルディスカッション
株式会社ルグラン 泉浩人×サイトコア株式会社 片桐佳江
セッション終了後は、パネルディスカッションを実施。国内外のマーケティング事情に精通した二人が、マーケティングオートメーションの費用対効果や、自社サイトのリニューアルの裏話などトークが繰り広げられました。


ルグランでは、今後もサイトリニューアル・マーケティングオートメーションの導入・セールスフォース連携などデジタルマーケティングに活かせる最新情報をお伝えするセミナーを開催していく予定です。皆さまのご参加をお待ちしております。

Read more
2014.06.02 | サーチ
デジタルマーケティングのコンサルティング会社、株式会社ルグラン(本社:東京都港区 代表取締役:泉 浩⼈、山辺 仁美 以下ルグラン)は、 2年振りに2014年AKB48選抜総選挙の結果をデータで予測、その分 析結果をブログで発表しました。

今回も前回の予測と同様に、総選挙に立候補したAKB48はじめ各グループの主要メンバーに関するクチコ ミデータについては株式会社ホットリンク、テレビ番組やCMへの出演データについては株式会社エム・デー タより提供を受けました。そして、これらのデータが、過去の総選挙における各メンバーの得票数と、どの ような関係があったのかを統計的に導き出し、そこから今年の選抜総選挙の予測モデルを構築し、選挙結果 を予測・分析する作業を株式会社ルグランにて⾏いました。

上位25名のランキング予測は下表の通りとなり、5/21に発表された速報とは異なり、渡辺麻友が悲願のセ ンターを獲得するという結果が出ました。

2年前の予測では、ブログの書き込み量量とCMへの出演量量を変数とする予測モデルを使って得票数を予測し た結果、上位16名中、15名のメンバーを予測することができました。

しかし、今回の予測で主に参照した2011〜~2013年年の選抜総選挙時のデータを検証してみると、ブログへの 書き込み数やCM出演量量などのデータと、選抜総選挙の得票数との関係が薄れつつあるため、これらのデー タだけで、得票数を予測することは難しくなってきていることが見えてきました。

その一つの理由として、近年、前田敦子・⼤島優子・篠⽥麻里子をはじめ、TVなどの露出が多く、「全国区」で⼈気を得ていたメンバーの卒業が相次いだ結果、名古屋や大阪、博多など地方都市を拠点に活動する メンバーであっても、一定の支持があれば、上位に⼊れるようになってきたというAKB⼈気の「地方区」化が あると思われます。

実際、予測に使っているブログやTwitterなどの書き込みデータも、⼈口の多い、東京など⼤都市圏からの 書き込みの占める割合が多くなる傾向があり、また、TVやCMのデータも、関東キー局での出演情報を使っ ていることから、地方グループに所属するメンバーの得票が過小評価される可能性も出てきています。

これは、イベントなどで地道に活動したメンバーほど、多くのファンの⽀持を得るようになっているという 点で、AKB48の活動が「原点回帰」していることを意味しているとも考えられ、これもまた、ビッグデー タの解析によって見えてきた新たな真実であると⾔えます。

⼀方で、AKB48選抜総選挙の結果について、今後、予測の精度を上げるためには、メンバーの地道な活動 を把握できる新たなデータを⼊手もしくは構築し、それらを予測モデルに加えることで、ファンの⼼理や⾏動に対する理解を深めることが重要になるでしょう。

プレスリリース 2014年6月2日

ルグランでは、今後もデータからストーリーを導きだし、結果を出すための 施策を提案していきます。 予測・分析結果の詳細は、こちらをご覧ください。
【コラム】データで予測するAKB48選抜総選挙2014

[株式会社ルグランについて]
株式会社ルグランは、業界のパイオニア「オーバーチュア」の⽴ち上げメンバーにより設⽴されたデジタルエージェンシーです。この領領域において10 年以上の経験を持つルグランでは、SEMコンサルティングをはじめ、ソーシャルリスニング、アクセス解析や調査分析、また、パーソナライゼーションを基にしたサイト構築など、データを起点にマーケティング施策全体を提案しています。

[本件に関するお問い合わせ先]
株式会社ルグラン ⼭辺仁美
Email: info@LeGrand.jp
Tel: 03-6447-4567

Read more