2015.11.26 | モバイル
アドテック東京の「ルグランルーム」にご登壇いただくスピーカーの方々との事前対談。最終回は、CNET Japanの編集長、別井貴志氏との対談の様子をお送りします。

金融業界紙の記者としてキャリアをスタートし、その後、「INTERNET Watch
「ファイナンスプロジェクト」「インターネットマガジン」など、長年にわたりネット媒体の編集記者として経験を積まれ、現在は、「CNET Japan」の編集長である別井氏。媒体の役割、CNETのこれからの編集方針など、興味深いお話を聞かせていただきました。


デジタルはもはや起点ではない
別井氏は「デジタル」という言葉をあえてつける必要はもはやないと、感じているとのこと。例えば、デジタルマーケティングという言葉。今や、企業に於いては、デジタルを使わないマーケティングはありえないわけで、それをあえて、デジタルマーケティングと区別する意味はない。これからは全てのテーマにデジタルが必然として入ってくるわけで、媒体の編集方針もデジタルではなく、テーマを起点と考える時代だと言う。

スマートネイティブの理解が必須
別井氏が今注目するテーマは「エデュケーション」。ITを活用することで教育現場はどのように変わっていくのか。また、ITを活用してスマートネイティブが見てるのはどんな世界なのかということ。連絡ツールは「LINE」や「Twitter」が当たり前、学校の授業はタブレット端末を使って生徒や先生と問題を共有しながら進めるといった、ITを生活の一部として成長してきたスマートネイティブが10年後には社会に出て、メインの購買層になる。つまり、企業は、スマートネイティブを理解せずに生き残ることはできない。彼らは、スマホサイト以外では買い物はできないといい、PCサイトは情報が多すぎると感じる。モバイルサイトの重要性を理解しきれていない企業にとっては、モバイルオンリーで育った彼らを理解し、その上でユーザーエクスペリエンスを考えなければならないという、なんとも大変な時代が来てしまったようです。別井氏のセッションはスマートネイティブ理解する第一歩になりそうです。

【別井氏の登壇スケジュール】
12月2日(水)15:20 ~ 16:00
場所:東京国際フォーラム アドテック東京会場内 ガラス棟 G508
セッションタイトル:
CNET編集長が語る、ITで変わるこれからのエデュケーション
~スマートネイティブが見てる世界とは?~

ルグランルームにお越しいただくためには、アドテック東京のビジターパスが必要になります。(無料)
こちらからお申込ください。
ad:tech tokyo パスお申込みはこちら

Read more
2015.10.29 | モバイル
モバイルコマースの調子は上々で年々売り上げを伸ばしています。小売りだけでなく、サービス、不動産、交通などありとあらゆるビジネスがモバイルコマースで収益を上げています。今頃まだモバイルコマースに適応していない企業はさすがに少なくなって来ていると思いますが、モバイルコマースがあってもトラフィック獲得や コンバージョンに結びつかず、苦戦している場合も多いのではないでしょうか。そこで今急成長のソーシャルモバイルコマースを導入してみましょう。

ソーシャルコマースとはSNSとECサイトを一緒にしたサービスで、気に入った写真をSNSで共有して気に入った商品が見つかったらそのまま購入できるシステムです。Lyst.com, fancy.com, fab.com, opensky.com などが人気ですが、どのサイトもシンプル、クリーンでセンスの良いデザインです。





 そして、特に注目すべきなのが、モバイルからの売り上げです。Facebook によると2015年1月から5月までのモバイルからのソーシャルコマースの売り上げは前期に比べ30%も売り上げが伸びています。ソーシャルからコマースへのトラフィックは前年比に比べて200%も増えていますからこれを利用しない手は無いでしょう。売り上げは10人のうち3人がモバイルから購入しており、24%がスマホで6%がタブレットからです。ソーシャルモバイルコマースの売り上げはこれからますます増加して行くでしょう。

マルチチャネルとオム二チャネル
便利でモビリティ(可動性)が高く、何処でも何時でも、というのがモバイルコマースでの売り上げが爆発的に上がっている大きな理由ですが、オムニチャネルがその便利さの最たる形でしょう。少し前まではテレビ通販、お店、PC, モバイル、などの複数の経路で購入するマルチチャネルでした。そして今は、全部(omni)の経路(channel)でシームレスに買い物できる環境を提供できる企業の業績が急成長しています。たとえば、facebookで友達がおすすめの可愛い服を見つけ、モバイルで購入し、在庫を調べて店舗に取りに行き、ついでに沢山の買いものをしたので即日配達してもらう、みたいな流れです。その可動的な性質からか、Facebook のレポートでは オムニチャネルのユーザーは実に56%がモバイルから購入しています。小売店だけでなく、旅行やホテルなどのサービス業もこれからモバイルからの購入者はもっと増えて行くでしょう。


ソーシャルモバイルコマースを入り口に
そこで急成長をとげるソーシャルモバイルコマースをトラフィックの入り口にし、オムニチャネルに振り分ける流れを作ります。これからの マーケティング費用はソーシャルメディアでの宣伝に多くを費やすことを強くおすすめします。ソーシャルでの宣伝はターゲットを絞りやすくシンプルで効果的だからです。
Facebook, Twitter, LinkedIn , Google+ などから集客し、売り上げに繋がる流れを作りましょう。以下が売り上げアップの戦略の一部です。

1. ソーシャルログイン(うるさくないように工夫が必要)
2. 商品のストーリー紹介(ソーシャルでの商品紹介)
3. ソーシャルでのクーポン、セールのお知らせ
4. 友達と情報シェアしてお買い物
5. リフェラル(紹介)プログラム
6. ロイヤリティプログラム
7. カスタマーQ&Aの充実
8. ビデオを使用したビジュアルコマース
9. email

こちらをみてもキーになるのはソーシャルですね。そしてソーシャル=モバイルであることを常に意識して最適化につとめましょう。


ルグランでは、国内外のクライアントに向けて、モバイルやソーシャルを活用したECサイトのデザインや構築~マーケティング戦略支援など、過去10年にわたり、多数、お手伝いをさせて頂いております。当社の実績や事例などにご興味のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。また、モバイルサイトの構築やリニューアル、ソーシャルメディアの活用などについてのご相談も随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら
電話:0120-066-898
メール:info@LeGrand.jp

Read more
2015.08.06 | モバイル
スマートフォンの普及により、ここ数年、多くのウェブサイトでは、モバイル端末からのトラフィックが急増しています。既に、モバイル端末からの流入が、PCを上回っているサイトも少なくありません。

2015年の4月には、Googleがモバイル端末での利用や閲覧に最適化されている”モバイルフレンドリー”なウェブサイトの掲載順位を引き上げるというアルゴリズム変更を行ったことで、モバイル対応の重要性にも注目・関心が高まっています。

Read more