2016.05.27 | クリエイティブ
昨年11月に建設業界のイメージアップを図るプロジェクトとして発表した「LOG OF MUD」。建設会社の仕事は世間からはキツイ、キタナイ、キケンな職業とされ、建設会社で働きたいと考える若者は年々減少し、人材確保が業界の大きな課題となっています。このような状況を改善するために、ルグランでは、クリエイティブディレクター田中淳一氏(POPS)と共に、土建屋さんたちの日々の活動や生き様に焦点をあて、土建屋さん、延いては建設業界に対する人々イメージを刷新し、建設業界で働いてみたいと思う人が一人でも増えることを目的としたキャンペーンを企画・実施してきました。

(さらに…)

Read more
2016.04.14 | クリエイティブ
トラベルに特化したマーケティングプラットフォームを開発・提供する「Sojern」。米国サンフランシスコに本社に置き、世界160カ国でサービスを提供。3年連続で成長著しい企業として選ばれるなど、今、注目されるベンチャー企業です。

[Travel’s Leading Performance Marketing Engine]

先週、SojernのCEOとアジアのトップが弊社を訪問。二人とも元Overtureのスタートアップ時の主要人物であったこともあり、Overtureの創業当時の懐かしい話からミーティングが始まりました。

欧米で活躍しているOvertureのスタートアップメンバーは、どんなに成功しようが、リタイアをしている人はいない。そして、複雑なビジネスを成長させることが好き、という特徴があり、今回の二人もまさにそんなタイプでした。

Overtureの成功体験は、Sojernのビジネスにも影響を与えているようです。Sojernのサービスについて簡単に説明しましょう。

データパートナー + プラットフォーマー + 広告主からなるエコシステム
Sojernは、146カ国のメジャーな旅行関連会社、例えば、エアライン、ホテル、レンタカー、OTA(オンライントラベルエージェンシー)等とパートナーシップを組み、彼らをデータパートナーと呼んでいます。

データパートナーのサイトにタグを埋め込んでもらい、サイトを訪れたユーザーの情報を収集。Sojernはその膨大なデータを分析し、独自のアルゴリズムを作ります。そのアルゴリズムをベースに、広告主がターゲットとする見込み客にパーソナライズしたイメージ、テキストを広告として配信するという仕組みです。

たとえば、ニューヨークからボストンに行く航空券を予約したユーザーに対しては、このアルゴリズムに基づき、ボストンで滞在するホテルやレンタカーなど、そのユーザーが、最も興味・関心を持つ可能性のある広告を配信します。

「自分サイトでの来訪・閲覧履歴に基づいて広告を配信するCriteoに対して、Sojernでは、様々なサイトから情報を収集することで、より適確なリコメンド広告が配信できる点が特長である」と自分たちのサービスを説明。

データを提供するデータパートナーになることは、得なのか、損なのか。

日本では、自社データを他社に使わせたくないという企業が多い気がしますが、欧米の大手企業は、自社サイトを訪問したユーザーの動向を把握できる(Sojernからユーザーデータが提供されるとのこと)、また、データを提供することで得られる収入をメリットとして捉えているとのこと。

ホテルや航空会社・レンタカー会社などは、OTAを経由せずに、直接予約を獲得することを目的に、広告主としてもSojernのサービスを利用しています。そういう意味で、OTAにとっては、「競合」にもなり得るサービスですが、OTA側では、カニバリゼーションの影響もしっかりと分析した上で、仮にホテルや航空会社に一部の予約が流れても、自社のデータをマネタイズできる効果が上回るという判断からデータの提供に応じています。また、OTA自身も、Sojernを使って集客をしています。
 
[Sojernが提供するトラベルに特化したマーケティングプラットフォーム]

バラエティに富んだ課金方法
Overtureは創業当時から「ペイフォーパフォーマンス」をキャッチフレーズに今では当たり前となった「クリック課金」を広める先駆けとなりました。(リスティング広告がPPC広告とも呼ばれているのも、このためです。)

Sojernでは、広告主が次の3種類の課金システムから選択できるようになっているとのことです。

・インプレッション課金
・コンバージョン課金
・レベニューシェア

広告を配信する目的は、ブランディング、コンバージョンの獲得など、広告主によって様々であるということを念頭に、柔軟な課金システムを用意するというSojernのスタンスには、Overture創業当時の文化が感じられます。

日本の旅行業界の新風となるか
データパートナーから膨大なデータを収集・分析し、アルゴリズムを作り、更に、学習・進化させ、広告主のビジネスゴールを実現していく。また、データパートナーのマネタイズにも貢献するSojernのサービス。アジアでは、シンガポール市場が急成長を遂げているとのこと。日本市場については、今はまず、ポテンシャルについて、情報を収集しているフェイズのようです。

Sojernが将来、日本でサービスをローンチすると決めたとき、日本企業は、競合他社を利することになる可能性も承知をした上で、自社のデータを提供し、新たなエコシステム作りに参加することをリスクと考えるのか、あるいは、チャンスと捉えるのか。

旅行業界に新たな風が吹き込まれるかもしれません。

Read more
2016.03.03 | クリエイティブ
先週に引き続き、2016年2月16日(火)から17日(水)に東京ビックサイトで開催されたマーケティング・テクノロジーイベント「tfm (technology for marketing)」で興味深かったセッションについてレポートします。


「全てのインダストリーはサービス業へ」、そう語っていたのは株式会社電通エグゼクティブコンサルティングディレクター 朝岡崇史氏。「エクスペリエンスデジタルの未来予想図」をセッションテーマに、IoT(Internet of Things)を中心にこれから起こりうる社会の変革について講演。IoTは「モノのインターネット」といわれ、あらゆるモノはインターネット(デジタル) とつながることを指します。例えば手紙がEメールとなり、買い物はECサイト、井戸端会議はSNSへと変化。朝岡氏曰く、あらゆる産業はデジタルとつながり、アクセス解析などによってモノに付加価値を与えられるようになるとのこと。将来、人々の生活を一変させるプロダクトが次々と流通すると予測されていました。


さらに米GE社を事例に、IoTの時代を生き抜くための大企業の具体的なアクションを紹介。昨年10月にCEOジェフリー・イメルト氏は時代の変化について「工業会社として眠りにつき翌朝起きると、ソフトウェア解析の会社になっているかもしれない」と表現。創業100年を超える様々な産業機器を製造する企業でありながら、長年蓄えたビッグデータを解析し、あらゆる分野で最適化した価値を提供。GE社が製造する航空エンジンはリアルタイムで状況がモニタリングでき、管制室とのオペレーションやトラブルの早期発見に役立っていると説明。GEのような大企業でさえも、来るIoT時代を生きるために舵を切ったそうです。

これからは企業規模を問わず、誰もが破壊者 (destroyer) にならなければならないと締めくくられた朝岡氏のセッション。IoT時代にマーケターとして生き抜くためには、思考の枠を超えたモノの見方が大切であると感じました。


Read more
2016.02.25 | クリエイティブ
2016年2月16日(火)から17日(水)東京ビッグサイトで開催されたマーケティング・テクノロジーイベント「tfm (technology for marketing)」に参加してきました。興味深いセッションがいくつかありましたので、その内容をレポートします。

ご存知の方も多いかと思いますが、tfmではマーケティング、広報・PR、広告宣伝、営業企画・開発から 経営、経営企画、商品開発、情報システム担当者向けに、最新のマーケティング手法やノウハウをテーマにセミナーや展示を行っています。ルグランが今、特に力を入れているUXをテーマとした内容も多く、その中でも特に印象的だったのはエイトブランディングデザイン代表取締役 西澤明洋氏のセッションでした。

 
西澤氏のセッションのテーマは「企業経営におけるブランディングデザインの方法と実践」。良いものの価値を消費者に的確に伝えるための“伝言ゲーム” に必要なのは、企画開発からアウトプットのデザイン、そして販売方法までを見越した、実践的なブランディングデザインの考え方であるとのこと。西澤氏独自の開発手法「フォーカスRPCD」のフローにのせて、ブランディングの概要から最新事例までを解説して下さいました。経営において、本当に効果的なブランディングとは?マーケティングとの違いとは?コンセプトを表現したデザインとは?など、ブランド強化に悩む人達へのヒントが満載でした。
 
西澤氏の元には多岐に渡る企業からの「商品」をブランディングするプロジェクトに関する依頼あり、今回のセミナーでは、その中の「とある絨毯ブランドのブランディング」を事例として紹介。
 
ブランディングとは「差別化」 であり、“ブランディング≠マーケティング”であることを「水」を例に説明。ブランディングとは水が本当に美味しく、それを思わず人が誰かに伝えたくなってしまう「感情」を作り出すことであり、言い換えれば ”伝言ゲーム” を生み出すことであるとのこと。さらに、RPCDという考え方が大切であり、これを絨毯ブランドの例に当てはめて解説。

R....リサーチ(プロジェクト初動のためにそのブランドの強みを探し組み立てる)
P....プラン(現段階での問題点を洗い出し、コンテンツを組み立て直し、リブランディング)
C....コンセプト(そのブランドがお客に対して提供するサービスにおいて、最も重要な使命)
D....デザイン(若年層にも受け入れられる価格を抑えた現代ラインのデザインを開発)


この4つの手順によってブランディングを行い、ここからパンフレット、WEBやムービーといったコンテンツで拡散していくのだが、その際にも、「まず伝える」ということがブランディングの根幹にあることを念頭に置き、さらに一貫性を持って伝えて行かなくてはならない。また、ブランディングには、以下の3つが必要不可欠だともお話されていました。

1 熱い想いを持ったそのブランドのトップ
2 本当に人々に伝えるべき良い商品
3 それを伝えてゆくプロフェッショナルのチーム

 
私も社内で、UXの実現のためにカスタマージャーニーを基にしたエクスペリエンスマップを作成する際に、顧客行動を見直すことで真の顧客心理を探り、それにより改善策や顧客の要求に気がつくことができるという経験をします。今後も国内外のUX/UDに関する最新情報を入手し、クライアントのブランドに対する思いを伝えていくプロフェッショナルでありたいと、強く感じたセッションでした。


 

Read more
2015.12.17 | クリエイティブ
12/1‐2に東京国際フォーラムで開催されたアドテック東京において、ルグランが手がけた、建設業界のイメージアップを目的としたキャンペーンの詳細を発表しました。

<ルグランルームでの発表の様子>

建設業界に対しては、キツイ・キタナイ・キケンな「3K職種」というイメージも強く、建設業界を志す若い人たちが少なくなっています。実際、東洋経済が発表した、来春卒業する大学生の就職人気ランキングを見ても、上位200社の中には、大手ゼネコンを含め、建設会社は1社もランクインしていません。
参考リンク

現在、建設業界で働く人の約1/3が55歳以上で、今後、10年以内に、その多くが引退する一方、29歳以下の就労者は全体の10%に留まっています。特に地方の建設会社の状況は深刻で、社員の「平均年齢」が55歳といった会社も珍しくありません。

このまま、建設業界の就労人口が減り続けると、東京オリンピックや東日本大震災の復興への対応はもとより、今後、老朽化が急速に進む全国の道路や橋など、社会インフラの整備を担う人材も足りなくなることが懸念されます。

こうした状況の中、ルグランでは、中堅中小建設会社の全国団体である「どけんやナビ有限責任事業組合」からの依頼にもとづき、建設業界のイメージアップや、雇用の促進を目的とするキャンペーン “Log of Mud”を企画し、その詳細をアドテック東京・ルグランルームにて発表しました。

Log of Mud キャンペーン特設サイト

当日は、建設・広告業界のメディアや関係者の方々が集まる中、本キャンペーンを受託したルグラン代表 泉のほか、本キャンペーンの企画に携わったクリエイティブディレクターの田中淳一氏、多摩美術大学教授でルグランのアドバイザーでもある佐藤達郎氏、さらには映像制作を担当した太陽企画のプロデューサー大石暉氏らと共に、本キャンペーンの企画意図や、撮影の苦労話などを振り返りました。


 <弊社代表 泉より、クライアントの課題と本キャンペーンの目的について説明>

<企画の誕生ストーリーについて話すクリエイティブディレクター・田中淳一氏>

<太陽企画プロデューサー・大石暉氏から映像制作の舞台裏についてのお話>

このキャンペーンは、全国5ヶ所の建設現場で働く、男女5人の「土建屋さん」の仕事や生き様に焦点を充てたストーリーを、建設業界や土建屋さんの仕事には、特に興味や関心のない人たちにも、興味をもって見てもらえるよう、ある仕掛けを加えていますが、その詳細については、ぜひ、”Log of Mud” キャンペーン特設サイトをご覧下さい。

<会場内に置かれた陶器とスマホのヒミツとは…?>

<企画の検討過程について解説する多摩美術大学教授・佐藤達郎氏>

ルグランでは、持続的な成長を求めるクライアントの期待や要望にお応えする形で、マーケティング本来の目的ともいえる「需要の創造」というクライアントの課題を解決すべく、最新の映像表現技術なども取り入れた、キャンペーンの企画や動画をはじめとするコンテンツの制作など、クリエイティブエージェンシーとしての活動にも力を入れています。

自社の商品やサービスに対する認知を広めたい、より多くの消費者に、買いたい・使いたいと思ってもらえるよう働きかけたい、といった課題やニーズをお持ちの企業や団体のみなさま。ルグランでは、社内外のクリエイターとタッグを組み、みなさまの課題解決のお手伝いをしています。

どうぞ、お気軽にご相談下さい。

メール: info@LeGrand.jp
電話: 0120-066-898

<関連リンク>
ルグラン 新プロジェクトを発表

ちょっと変わったアート展のお知らせ

Read more